慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 文科省学術振興会の懇談会 | トップページ | ティース教授のすごさを実感 »

2012年12月10日 (月)

組織は合理的に失敗する:ガダルカナルのケース

 いま、時間を見つけて、第二の論文「組織は合理的に失敗する:ガダルカナル戦からのレッスン」を英語で書いている。これは、日本ですでに発表した論文ではあるが、それを米国に来てからリニューアルしている。

 英語論文にはしたのだが、まだ洗練されていない。英語という観点からも。内容という点でも。しかし、骨子はすでに完成している。いろいろ問題はある。たとえば、軍事史60~70%で経営学部分40~30%の比率だ。

 しかし、この事例は外国人にとってもおもしろいようだ。ぜひとも、ここで完成させたい。しかも米国のウイキペディアでのガダルカナル戦の説明では、日本軍が非効率的な戦法をとっていたことがあまり詳細に説明されてない点もラッキーだ。たぶん、米国人は白兵突撃のことを知らないと思う。

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

« 文科省学術振興会の懇談会 | トップページ | ティース教授のすごさを実感 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30