慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 米国の経営学 | トップページ | 日本の文房具業界はイノベーションの宝庫だ »

2012年11月17日 (土)

東芝のPC

 UCバークレーは町全体が勉強しているといった町だ。小さい町で、喫茶店はいつも学生で満杯。みんな勉強している。さらに、学生だけではなく、普通の人もと年よりもみんな本を読んだり、PCを持ち込んで何かしている。

 私も、よく茶店で勉強しているのだが、一つ気になることがあった。はっきりいって、バークレーでは、99%の人々がPCマックを使っている。あのリンゴのマークのPCだ。ときどき、昔買ったと思われるソニーのバイオをみることもある。

 私がいいたいのは、最近、数人、最新の東芝のノートPCを使っている学生をみたことだ。驚いた。もしかして、これがスマートPCというやつかと思った。私にはわからないが、少しうれしくなった。

 パナソニックも、タブレットとノートPCの両方の機能をもつレッツノートが発売されているようだが、とにかく日本の企業に頑張ってほしいものだ。しかし、ここではパナソニックは見たことがない。私は、レッツノートのファンなので、米国でも頑張ってほしい。しかし、いまだ私以外にパナソニックのPCを持っている人を見たことない。町でも大学でも。

 日本企業がんばれ!!!!!!!

« 米国の経営学 | トップページ | 日本の文房具業界はイノベーションの宝庫だ »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30