慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 報告会でのボーゲル教授の質問 | トップページ | 不条理の議論を何とか英語論文に »

2012年11月11日 (日)

ティース教授との共同論文の件

 先日、ティース教授に渡していた共同論文の修正版が送られてきた。取引コスト理論に関する部分がかなり修正されていた。私は、コース、ウィリアムソンについて簡単に説明していたのだが、アローも導入されていた。アローも取引コストの創始者のひとりである。

 しかし、全体的に修正点は少なかった。そして、これが私を不安にしている。それほど価値がある論文ではないとみなされたのかもしれない。したがって、ワーキングパーパーで終わるかもしれないという可能性だ。

 しかし、気分をとり直し、ワーキングペーパーでも十分価値があると思って、がんばりたい。コメントに従って修正し、また送り返す予定である。

« 報告会でのボーゲル教授の質問 | トップページ | 不条理の議論を何とか英語論文に »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30