慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« バークレーのロースクールで法と経済学を | トップページ | バークレーは町全体が勉強している »

2012年11月29日 (木)

日立、東芝 対 パナソニック、ソニー、シャープ

 米国に来てからいろんな英語記事を読むようになった。そこから、日本にいた時にはわからなかったことも見えてくる。

 たとえば、日立と東芝に対してパナソニック、ソニー、シャープ。日立と東芝は本当に強いし、底力がある。これに対して、パナソニック、ソニー、シャープは、残念ながら、底が浅い感じだ。日立や東芝は、よほどのことがなければ、揺れることはない。

 現在でも、日立と東芝は着々と世界でビッグビジネスを進めている。ここでは、具体的には書かないが、凄いビジネスを展開している。表面的なことを追っていないのだ。世界の動きを見ている。凄い会社だと思う。敵はGEぐらいかもしれない。

 さらに、東芝は最近PCでも頑張っているように思える。前にも書いたが、最近、バークレーでも東芝のPCを本当によく見るようになった。昨日も、ロースクールにいったとき、横にいた学生が東芝の新しいPCを使っていた。

 それに比べて、最近、NHKのニュースで、シャープの製品をめぐって不正表示問題が指摘されていたが、もしそれが本当だったら、残念だ。苦しいときこそ、こういった事件を起こしてはならないのだ。今日も英語の記事を読んだが、「いまのシャープはあたかも歩くゾンビのようだ」という表現があった。とにかく、がんばってほしい・・・・・ものだ。

   

« バークレーのロースクールで法と経済学を | トップページ | バークレーは町全体が勉強している »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30