慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 山中教授をめぐる「失敗は許されるか許されないか」議論 | トップページ | キュービック・グランド・ストラテジー『戦略の不条理』光文社新書のCD版発売 »

2012年10月22日 (月)

企業は価値的と人的側面から眺める必要がある

  バークレーのビジネススクールの学生をみていると、いろんな国からいい学生がきている。質問を聞いていると、なんともいえないいい味を出す学生がいる。こういった多様な人材が集まる企業は、強いだろうなあ~と思う。
 こういったことから、企業というのは成長するときには加速度的に成長し、ダメになるときには加速度的にだめになるのだが、それについて、これまで、経営学では、大抵、ファイナンスの観点からの説明が多かった。つまり、儲かっているときには、比例的に増加する自己資本だけではなく、信用も増加して貸し手も多くなる、逆にダメになると、信用がなくなり加速度的に資本が減少する。
 しかし、この点は人事についてもいえるのだろう。儲かっているときには、いい人材が集まるのだろうし、ダメになるといい人材が逃げて行ったり、解雇されたりするのだろう。この観点からすると、いま、グルーグル、アップル、サムソンには最高の人材が集まっているように思うし、他方、シャープ、パナソニック、ソニーは人材が流出しているのではないかと思う。

取引コストの観点からすると、人的側面での流入流出の方が企業にとって辛いだろう。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

『組織の不条理』の文庫版

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 山中教授をめぐる「失敗は許されるか許されないか」議論 | トップページ | キュービック・グランド・ストラテジー『戦略の不条理』光文社新書のCD版発売 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30