慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« オリンピック 日米メダルの数え方の違いーバークレーより | トップページ | 『失敗の本質ーリーダーシップ篇』あっという間に増刷 »

2012年8月 5日 (日)

素人としてあえて柔道にひとこと

今回、オリンピックで男子は金がゼロという歴史的惨敗を経験した。(重い方で、これまでまったくだめだった階級では健闘したように思える)

この結果を受けて、強化委員、監督、コーチなどの進退が問題となっている。私は、素人なのでよくわからないのだが、論理的に以下のように推測できる。

(1)もし科学的に日本柔道を分析し、今後、さらに日本の柔道を発展させるならば、過去の業績だけではなく、いろんなスタッフ(研究者)を巻き込んで、徹底的に取り組むのか。

(2)あるいはもし精神主義でいくならば、やはり強化委員、監督、コーチはすべて金メダリストで徹底してほしい。金メダリストは、4年に一度のオリンピックにどのように精神と肉体を調整してきたのかを知っているだろう。

現在のスタッフは上記の(1)でも(2)でもない。どのようなプロセスで選任されているのかわからないが、おそらく、これまでのルール、年功序列ではないだろうか?これではだめだと思う。

(1)古賀のように美しい柔道を目指すのか、

(2)石井のように勝つ柔道を目指すのか、

現状では、それもはっきりしない感じがする。(2)をめざしていたが負けたので、(1)を目指していたという都合のいい状態だ。

責任ではなく、次回に向けて、すべて一新してほしい。

日本柔道、がんばれー--------!

===============================================

野中 郁次郎: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇

野中 郁次郎: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇

この本で、私は二つの章を担当している。いずれも「取引コスト理論」を使って日本軍について分析している。もしこのような分析に関心がある人がいれば、ぜひ私の著書『組織は合理的に失敗する』や『組織の不条理』などを読んでほしい。

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

« オリンピック 日米メダルの数え方の違いーバークレーより | トップページ | 『失敗の本質ーリーダーシップ篇』あっという間に増刷 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30