慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 90年代の日本のドラマは面白い | トップページ | 谷垣氏と日本軍失敗の本質 »

2012年8月30日 (木)

オープンイノベーションと企業境界

昨日、バークレーでチェスブロー教授の2回目のセミナーに出席した。オープンイノベーションの講義である。

オープンイノベーションの話は簡単だ。イノベーションを起こす場合には、内外の知識を自由にオープンに利用する方が効率的にかつ効果的にイノベーションが起こるということだ。

このセミナーはMBAの講義にもなっているようで、MBAの学生の質疑応答も聞ける。今回、学生で素直でいい質問をする学生がいた。それは、私の専門である組織の経済学、企業の経済学にとっての本質的な問題だった。

「オープンイノベーションと企業買収はどこが異なるのか?」

この問題は、「企業境界の問題」である。オープンイノベーションを方法として利用する場合、企業の境界はどうなるのか、という問題である。おそらく、知識を外から取り入れる方法の一つとして、買収も可能性があり、それゆえオープンイノベーションを起こすために、企業は巨大化するかもしれない。

もちろん、オープンイノベーションのために、知識を買うこともできるし、借りることもできるだろう。では、どのような企業境界がオープンイノベーションにとって効率的なのか。

チェスブロー教授の答えはあいまいだった。学生もそんなものかということで、疑うこともなく、問い詰めることはなかった。

この問題に答えるには、たとえば取引コスト理論などを利用する必要があるだろう。しかし、経営学は大雑把な学問なので、明確にしない方がいいかもしれない。MBAの学生も別に学者になるわけではないので・・・この程度いいのかもしれないと思った。

講義が終わり、私はその学生に「君の質問はすばらしかった」と言いたくなった。

●学生にひとこと、先生が「それはいい質問だね」という場合、大抵、先生の方が待っていた質問だ。つまり、すでに答えがある質問のことをいう。誤解しないように・・・・・・・大抵、答えに困る質問の方が本質的だ・・・・・

野中 郁次郎: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇

野中 郁次郎: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

『組織の不条理』の文庫版

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 90年代の日本のドラマは面白い | トップページ | 谷垣氏と日本軍失敗の本質 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30