慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本企業の危機とかいうけれど | トップページ | オリンパスの不祥事と大量リストラ »

2012年6月 8日 (金)

野中先生との共同論文発売(一橋ビジネスレビュー)

野中先生との共同論文が『一橋ビジネスレビュー』で掲載されました。

内容は以下の通り。関心ある人はぜひ読んでください。

http://www.iir.hit-u.ac.jp/iir-w3/hbr/hbr01.html

知識ベース企業の経済学

──ミドル・アップダウン・マネジメントとハイパーテキスト型組織の効率性

 野中郁次郎によって展開された知識ベースの経営理論は、基本的にSECIモデル、ミドル・アップダウン・マネジメント、そしてハイパーテキスト型組織といった3つの要素から構成されている。つまり、それは知識創造のための原理論、管理論、組織論といった3つの分野から構成され、今日、これらの研究領域は広くナレッジマネジメントと呼ばれている。そして、このナレッジマネジメントに従う知識ベース企業の効率性は、これまでいくつかの日本企業の事例によって経験的に示されてきた。しかし、その効率性が理論的に証明されているわけではない。これらの事例が単なる偶然ではないことを証明するために、本稿でわれわれは、組織の経済学あるいは新制度派経済学に基づいて、ミドル・アップダウン・マネジメントおよびハイパーテキスト型組織の効率性について理論的に説明し、それゆえ野中のナレッジマネジメントに基づく知識ベース企業は経験的のみならず理論的にも効率的であることを論証する。

« 日本企業の危機とかいうけれど | トップページ | オリンパスの不祥事と大量リストラ »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30