慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« サンフランシスコのユニクロ | トップページ | ダイナミックケイパビリティをめぐる論文 »

2012年6月30日 (土)

予想外に困ったこと

 バークレーに来て予想外に困ったことがあった。それは、爪切りである。こちらの大きな雑貨店にはいくつかあるのだが、意外に高い。小さなものでも、5ドル以上する。日本にいたときのことを考えると、こんなに高かったかなあ~と思いながらも、やはり必要だったので、買った。

しかし、問題は値段ではなかった。切れないのだ。爪が。気持ちが悪い。湿ったせんべいのように、爪が切れないのだ。だめだ。

実は、予想はしていたのだ。こういうところが、米国は弱いのだ。昔、ニューヨークに住んでいたときも、本質的にこれと同じ経験をしたのだ。

消しゴム。消えないのだ。こすると、紙が汚れるのだ。

ノリ。くっ付かないのだ。時間が立つと、はがれてくるのだ。

今回の爪切りで、やっぱり変わっていないと思った。結局、こういったものは日本のものにかぎる。

サンフランシスコのジャパンタウンには、ダイソーがある。すべて100円ではなく、こちらではすべて1ドル50セントだ。日本の品物がたくさんある。

そこに、爪切りがあったので、さっそく購入した。実に、切れ味がいい。さすがに、日本の企業の品質管理はすごいと思った。

« サンフランシスコのユニクロ | トップページ | ダイナミックケイパビリティをめぐる論文 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30