慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 最近、少しうれしかったこと | トップページ | 価値合理性と目的合理性(手続き合理性) »

2012年5月29日 (火)

ハンバーガー店でもやってしまった同じ失敗

またやってしまった同じパターンの失敗を。

近くにおいしいハンバーガーのお店があると聞いていたので、知り合いの人と出かけた。ハンバーグではなく、ハンバーガーのお店。日本では、ハンバーガーというと、大抵、ファーストフードのお店をイメージするだろうし、それ以外店にいったことがない。

ところが、このお店はふつうのレストランだ。さっそく、レストランに入って、メニューをみたら、いろんな種類のハンバーガーがある。どれがどれだかさっぱりわからないが、とにかく適当に決めた。

ヒスパニック系のウエイトレスが注文を取りに来てくれた。

「チーズバーガー」を注文。発音が悪いので、通じないかもしれないと思い、大抵、メニューを持ち出して指でさすことにしている。そして、コーヒーを注文した。

何の問題もなく、ウエイトレスは理解してくれたようで、安心した。しかし、安心も数秒だった。ウエイトレスが、何か質問してきた。

「$%&#+***・・・・・・・・・・・?」

何を言っているのか。わからない。

「パードン・ミ?」

ウエイトレス

「$%&#+***・・・・・・・・・?」

やはり、まったくわからない。何を聞いているのか。困った。しかし、今回は一緒に行った人が英語がうまかったので、助かった。

「たぶん肉の焼き加減を聞いているみたいですよ」

私は驚いた。ハンバーガーでも、肉の焼き具合をきくの?そんなお店いったことないんだけど~

「ミ・・・・ミディアム」

かつて、私は防衛大の教官だったので、横須賀の米軍基地の将校だけが入れるオフィサーズクラブにいってハンバーガーを注文したが、そこでも肉の焼き加減など聞かれなかったし、日本ではハンバーガーはほとんどファーストフードだし、・・・・

人間といのは、知らないものは見えないし、知らないものは聞こえないのだと改めて思った。しかし、真実は、単に英語が下手なだけなのだろう。先は遠い・・・・・

今度いったとき、どんな英文で質問していたのか、確かめなければならない。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

●上記の『組織の不条理』の文庫版

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 最近、少しうれしかったこと | トップページ | 価値合理性と目的合理性(手続き合理性) »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30