慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« CSRについての議論の続き | トップページ | トーマス・クーンのパラダイム論の魅力 »

2012年4月30日 (月)

UCバークレーの図書館に私の本が二冊あった

 ある日本の本が必要になり、UCバークレーの図書館にその日本の本はないかとネットで検索したら、その本があった.

ついでに私の本もないかと検索したら、なんど私の本も二冊が図書館に入っていた。一つは、『日米独組織の組織経済分析』文真堂ともう一つは『組織の不条理』ダイヤモンド社だった。

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤 研宗: 日米独組織の経済分析―新制度派比較組織論

菊澤 研宗: 日米独組織の経済分析―新制度派比較組織論

 米国のアマゾンでも、、『日米独組織の組織経済分析』文真堂が販売されているので驚いた。

●米国アマゾン

http://www.amazon.com/Nichi-Bei-Doku-soshiki-keizai-bunseki-Shinseidoha/dp/4830942886/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1335718220&sr=8-2

これこそ、ロングテール戦略か?一般に、本は売れるものか売れないものまであり、それを売れている順に並べると、右下がりの曲線になる。出版社や本屋の戦略は、右側の「馬の尻尾」のような部分の本を切り、左側の売れる本だけに力をいれる。しかし、アマゾンは馬の尻尾部分も販売してもうけているという戦略を展開しているといわれていたが、その通りかもしれない。と思った。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

●上記の『組織の不条理』の文庫版

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« CSRについての議論の続き | トップページ | トーマス・クーンのパラダイム論の魅力 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30