慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本人留学生の少ないことの意味 | トップページ | ベルを鳴らさずにいかにして外にでるか? »

2012年4月13日 (金)

米国らしい司会者

 米国のテレビを見ていて、これはすごいと思った行動があった。日本ではまず考えられない行為だ。

 それは、男女二人の司会者がいて、番組のスタートに二人が両脇から出ててきて中央で出くわす。そのとき、たまたまグラマーな女性がヒョウ柄のスカートをはいていた。

それに男性が気付いて、「すてきなスカートだね」といった。そして、彼はさらに「実は僕も今日はヒョウ柄のパンツをはいてきたんだ」といった。

ここまでは日本でもある光景だ。しかし、ここからがすごい。その男性が、なんとパンツを無理やりひっぱりだして、ヒョウ柄のパンツの一部を見せたことだ。

驚いた。さすがアメリカ。

« 日本人留学生の少ないことの意味 | トップページ | ベルを鳴らさずにいかにして外にでるか? »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30