慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 米国で仮免をゲット | トップページ | ティース教授の講義2,3日目 »

2012年4月 2日 (月)

ティース教授の集中講義1日目

本日、ティース教授の集中講義第一目。朝9時から夜7時まで昼と夜の食事付き。とにかく疲れた。70名ぐらいの学生が参加し、部屋が狭くて、一時は立ち見になるのではないかと不安になった。しかし、椅子だけもらえて、後ろで聞くことができた。

2時間目の講義で、暗黙知と形式知の講義になったのだが、野中先生のことを「ミスターナレッジマネジメント」と呼んで学生たちに紹介し、1時間ぐらい野中先生のナレッジマネジメントの説明をしていた。改めて、野中先生の偉大さを痛感した。米国のビジネススクールで扱われる唯一の日本人だと思う。

しかし、気になるのは日本人の少なさだ。中国人とインド人が多い。たぶん韓国人も。18年前にニューヨーク大学スターン経営大学院に留学したときは、日本人がたくさんいた。時代は変わった。

みな日本企業の素晴らしいさは理解してくれているのだが、昔ほどのインパクトはないようだ。あるいは、日本企業はもう珍しくなく、当たり前なのかもしれない。

« 米国で仮免をゲット | トップページ | ティース教授の講義2,3日目 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30