慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« AIJ問題と社保庁 | トップページ | 震災から1年 悲しいお話 »

2012年3月 6日 (火)

『三田評論』の座談会での司会

 昨日、『三田評論』5月号の座談会に参加した。テーマは日本のコーポレート・ガバナンスであり、僭越ながら私が司会を担当した。法律の先生、会計の先生、そしてファイナスの先生、さらに金融の専門家の方々と議論をした。

 

 議論は、意外に面白かった。あまりもばらばらなので、はじめはどうなるかと思ったが、実はかなり実り豊かな議論ができたように思える。このまま議論を続ければ、相互にもっとも学べ、そして新しい知見が得られるような感じでもあった。

経済学者である亀川先生の議論は一貫していたし、八田先生の会計学的な議論も非常にするどく、面白かったし、いろんな知見を得ることができた。また菅原先生の法律的な議論も魅力的だった。さらに、矢島さんの銀行についての議論もとても興味深いものだった。

 しかし、どんな議論も時間に限界があるものだ。この座談会の内容については、『三田評論』5月号をぜひ見ていただきたい。これが発行されるときには、私は米国にいるかもしれない。

『三田評論』

http://www.keio-up.co.jp/mita/

経営哲学学会: 経営哲学の授業

« AIJ問題と社保庁 | トップページ | 震災から1年 悲しいお話 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30