慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 米国ではじめての運転 | トップページ | 米国で仮免をゲット »

2012年3月30日 (金)

ティース教授と初対面

 今日、ついにティース教授に会う。ティース教授のコンサルティング・ファームはすごい。ビルの最上階のフロアー全部使っている。

 緊張して部屋で待っていた。部屋からはゴールデンゲイトブリッジが見える。そこに、ティース教授がやってきた。

 優しそうな顔で迎えてくれた。私は、日本からのお土産を渡した。それをとても喜んでくれた。その後、ティース教授は、私にダイナミックケイパビリティの本をくれた。私はもう買いましたといったら、これは新しいバージョンの本だよといった。確かに、ペーバーバック版で、新しい序論があった。

 それから、私のバックグランドや家族の話、そしてこれまでの私の日本での研究について説明し、いま野中先生と共同研究している論文の英文を渡したところ、とても興味深く、見てくれた。驚いた。

 さらに、その後、ダイナミック・ケイパビリティの話をした。私の解釈を説明したところ、いろんな議論をしてくれた。また、私がいくつか日本の事例を示したところ非常に関心をもってくれて、その日本の事例をメールで送ってほしいといってくれた。

 多分少し関心をもっていただいたようで、「ここのオフィスでもビジネススクールのオフィスでもいつでもいいから来てくれ」といってくれた。今日は、1時間があっというまに過ぎた。いい先生だった。

来週から、ティース教授の講義が5日間集中で始まる。楽しみだ。講義の録音の許しももらった。さらに、大胆になって、写真までとってもらった。

 その写真がこれだ。1枚だけ紹介しよう。ティース教授がコンサルティング・ファームの名前の下がいいといって写したものだ。

1_2

 

 

« 米国ではじめての運転 | トップページ | 米国で仮免をゲット »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30