慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« あまりに忙しくて | トップページ | 『三田評論』の座談会での司会 »

2012年3月 4日 (日)

AIJ問題と社保庁

AIJ問題には、あきれた人も多いだろう。役に立たない官僚が、どこまでも民間企業を食い物にする典型だ。われわれの年金をしっかりと管理せず、ただ食い物にしてきたのだ。

http://www.asahi.com/national/update/0303/TKY201203020846.html

一時代前は官僚はエリートで、優秀で、しっかりした人たちという印象があったが、いまでは何をやってもダメな人たちだという印象をもってしまう。ただ単に平均的にできて、Ⅰ種試験に受かったのだろう。

時代の流れを感じる。

経営哲学学会: 経営哲学の授業

« あまりに忙しくて | トップページ | 『三田評論』の座談会での司会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31