慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 謹賀新年 | トップページ | 不祥事と経営者の任期 »

2012年1月 5日 (木)

名門イーストマンコダックが倒産の危機にあるーダイナミックケイパビリティ

名門イーストマンコダック社が倒産の危機にある。信じられないことだ。それほど、米国経済は危険な状態にあるのかもしれない。

個別企業の観点からいえば、カメラ・フィルム関連企業は、デジタルカメラの登場によって大きく環境が変化していた。この変化は、昔、レコードからCDに変化したのと同じぐらい早く、大きなものだ。この変化に、対応できなかったレコードの針を販売していたナガオカは倒産した。

同じように、富士フイルムも大変な状況にあったはずだ。しかし、富士フイルムは化粧品業界に進出している。これはものすごい戦略的な変化だと思う。コダックはどうだったのだろうか。私は不勉強で、正確にはわからないが、おそらくデジタル化の波に乗れなかったのだろう。

両社の違いは何か。それが、ダイナミック・ケイパビリティなのだ。環境の変化に対応して、いかにして既存の資源を再構成できるか、オーケストレイトできるか。これである。

David J. Teece: Dynamic Capabilities and Strategic Management

David J. Teece: Dynamic Capabilities and Strategic Management

経営哲学学会: 経営哲学の授業

経営哲学学会: 経営哲学の授業 

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

« 謹賀新年 | トップページ | 不祥事と経営者の任期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31