慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 新卒一括採用の消滅!? ユニクロが検討する「大学1年生採用」の衝撃 | トップページ | 本当に名店だったのか? »

2011年12月11日 (日)

ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビューでの私の論文

12月10日『ハーバード・ビジネス・レビュー』は失敗の本質特集の第二弾だ。ここに、私の論文「派閥力学」が掲載されている。

この論文の重要点は、以下の2点である。

(1)派閥に関する山本七平の主張に挑戦していること

(2)派閥を取引コスト理論で分析していること

派閥がどのように取引コスト理論で分析されるのか。関心のある人はぜひ読んでほしい。

: Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 01月号 [雑誌]

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 01月号 [雑誌]

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 01月号 [雑誌]

●また、この号で宣伝されている拙著『戦略学』も地味ではあるが、たくさんの方に読んでいただいているようだ。意外にたくさんの方がブログなどで紹介しているているのには驚いている。

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

●さらに、なぜ日本軍が負けるとわかっていた戦争に向かっていったのか。その不条理を取引コスト理論で分析したのが、以下の中央公論別冊での私の論文である。関心のある人は読んでほしい。

: 中央公論別冊 日本国の「失敗の本質」 2012年 01月号 [雑誌]

中央公論別冊 日本国の「失敗の本質」 2012年 01月号 [雑誌]

 

« 新卒一括採用の消滅!? ユニクロが検討する「大学1年生採用」の衝撃 | トップページ | 本当に名店だったのか? »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30