慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 12月10日『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』に拙著論文が掲載 | トップページ | 続ダイナミック・ケイパビリティについて »

2011年12月 6日 (火)

ダイナミック・ケイパビリティについて

私は、来年、カリフォルニア大学バークレー校で、デイビッド・ティース教授に会う予定だ。いま、経営戦略論分野でもっとホットな話題は、彼が提唱している「ダイナミック・ケイパビリティ」という概念だ。

こういった理由で、いま彼の論文や本を読みあさっているのだが、内容的にはまだ明快な理論にまで至っていない。まだ、Viewの段階だ。

しかし、だからこそ面白いのだ。いかにして、この概念を理論的に解釈して、新しい展開を進めるのかが、勝負なのだ。私もいまあるアイディアを持っているのだが、まだ全体として公表できるまでにはなっていない。

そのうち、ダイナミック・ケイパビリティに関する私の解釈についてお話してみたいと思う。

David J. Teece: Dynamic Capabilities and Strategic Management

David J. Teece: Dynamic Capabilities and Strategic Management

●最近、注目されているダイナミック・ケイパビリティの本

 

さて、あっというまに12月だ。12月10日『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』から昨年に引き続き、新・失敗の本質の第二弾が発売される。私の論文は派閥に関する内容のもので、山本七平の考えに挑戦している内容となっている。関心のあるい人はぜひ購入してほしい。

●ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビューの内容の予告

http://www.dhbr.net/next.html

●編集長のブログ

http://www.dhbr.net/blog/date/2011/12/02/

経営哲学学会: 経営哲学の授業

経営哲学学会: 経営哲学の授業

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

« 12月10日『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー』に拙著論文が掲載 | トップページ | 続ダイナミック・ケイパビリティについて »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30