慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 真珠湾攻撃70周年のための論文 | トップページ | 少子化と大学はなぜ反比例するのか »

2011年11月 3日 (木)

最近の放射能汚染情報の本当の意味

 最近、関東エリアでの放射能汚染をめぐる情報に関して、気になることがある。世田谷区である。

最近では、世田谷区をめぐる放射汚染のニュースが多いというのは多くの人々が感じていることだと思う。

 問題は、これをどう解釈するかだ。多くの人は、世田谷区の人々は大変だなあ~と思っているのではないか。

 しかし、本当はそうではないのだ。どこの区、どこの町、どこの地方が真剣に放射能を測定しているのかを意味しているように思う。

 つまり、ニュ-スに出てくる区や町ほど、真剣に放射能を測定しているのだ。出てこない区や町は単に厳密に調査していない可能性がある、つまり杜撰な検査をしている可能性があるのだ。

 だから、世田谷区の場合、区役所がかなり頑張っているように思う。私は横浜市に住んでいるが、もしからしたら横浜市は・・・・・・と思ったりしている。

 みなさんの地域はどうだろうか?

  • 菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

    菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

  • 菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

    菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

  •  

    « 真珠湾攻撃70周年のための論文 | トップページ | 少子化と大学はなぜ反比例するのか »

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    2021年8月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31