慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 最近の放射能汚染情報の本当の意味 | トップページ | 今、研究していること »

2011年11月17日 (木)

少子化と大学はなぜ反比例するのか

(1)少子化問題が叫ばれて久しい。こどもが少なくなるので、いろんな地域で小学校や中学校が廃校となっている。

 

 しかし、奇妙なことに、大学の数が減っているという話しは聞いていない。依然として増えいているのではないか。テレビで、廃校になった小学校を利用した新しい大学が映っていたが、冷静に考えると不思議なことだ。なぜ少子化なのに、大学の数は増えるのか。

(2)日本の大学のレベルは必ずしも悪いとは思えない。私も、米国のトップ20のビジネス・スクールに留学したことがあるが、レベルはそれほどでもない。

 

 しかし、日本の大学が世界の大学ランキングの上位には登場してこない。ランキングを決める基準は何か。いろいろがあるが、米国系のランキングは、大抵、どれだけ多く外部から研究資金を集めたかがかなり重要な要因のようだ。(たとえば、以下の英文記事を読んでほしい)

 この観点からすると、日本の大学は弱い。日本は、国から補助金をもらっているので、いたずらに外部から補助金をもらおうとはしない。民間からたくさんもらうと、国から安定してもらえないかもしれないし、不正ではないかと疑われるかもしれない。

(3)以上、二つの話しをしたが、何の関係があるのかと思うかもしれない。鋭い人は共通点を見出しているかもしれない。文部科学省との関係である。

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

関連記事

Harvard University has lost its top spot in the ranking of world universities for the first time in eight years. It was knocked off its perch by Caltech (the California Institute of Technology). Another California college, Stanford University, tied with Harvard for second spot. The annual, global list of the planet’s top educational institutions is compiled by London’s Times Higher Education and the Thomson Reuters Corp. Universities from the U.S.A. and U.K. dominated the list, with 75 American schools in the top 200. Seven of the top 10 colleges were in the U.S. and the rest were in Britain. Oxford University climbed two places in the rankings to fourth; Princeton University came fifth and the University of Cambridge was sixth.

Phil Baty, editor of the rankings, explained that Caltech leapfrogged Harvard because it had found greater funding for its research. He said: “The difference between Harvard and Caltech last year was minuscule. What’s happened this year is Caltech has seen a significant increase in its research income. A 16 percent increase. It’s quite significant in tipping the balance over in its favor.” Dr. Jean-Lou Chameau, president of Caltech, said: “Caltech is fortunate to have steadfast donors and partners whose support gives [the university] the ability to invest in new ideas long before they would be eligible for public funding opportunities.” Baty said private universities in America like Caltech are becoming more successful in raising funds.

 

 

 

 

« 最近の放射能汚染情報の本当の意味 | トップページ | 今、研究していること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31