慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 今、研究していること | トップページ | 放射線量測定システムに関して、文部科学省、本当にしっかりして »

2011年11月18日 (金)

吉田所長 命令違反が組織を伸ばす

東電、福島原発の吉田所長のはじめてのインタヴューが衝撃的だ。「死ぬかと思ったことが、何度かあった。」

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20111112-OYT1T00676.htm

今回の震災は、たくさんの悲劇があった。被災者の方々は本当に大変だったと思うし、いまも大変な状態にある。とくに、両親を亡くした子供たち。心配だ。

しかし、この震災を通して、われわれはいろんな発見もした。カントがいうように、やはり人間には他律的な側面だけではなく、自律的な側面があることをはっきり認識できた。人間はお金や物だけで行動するわけではないのだ。自分の外にある原因にしたがう他律的な存在ではないのだ。お金とは無関係に、あるいは上司の命令とは無関係に自律的に行動できるのだ。

とくに、吉田所長の勇気ある命令違反は注目すべきである。かつて、私は光文社新書から『命令違反が組織を伸ばす』という本を書いた。多くのひとたちは、この本の内容に関して懐疑的だった。しかし、人間は完全ではないので、常に上からの命令が正しいとはかぎらないのだ。そのときのためにも、日ごろから自律的に行動しておく訓練が必要があり、ときには命令違反する覚悟が必要なのだ。もちろん、その行動は自律的で、その行動の原因は自分にしかない。したがって、失敗したときには、その行動に対して責任をとる覚悟が必要なのだが・・・

菊澤 研宗: 「命令違反」が組織を伸ばす (光文社新書)

菊澤 研宗: 「命令違反」が組織を伸ばす (光文社新書)
東電の吉田所長の行動の意味を理解するために、読んでもらいたい

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 今、研究していること | トップページ | 放射線量測定システムに関して、文部科学省、本当にしっかりして »

11)ポパーとカントの哲学」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31