慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ドラッカー講座10月12日水曜から新宿ではじまります。 | トップページ | 事後ではなく、事前の問題ではないか? »

2011年10月 9日 (日)

薬局にいくといつも「それと同じ成分でもっといいのが・・」というけれど

 体調が少し悪くて、薬局にいく。購入する予定のくすりは大抵決まっている。そして、それを見つけて、いざレジへいく。

すると、店員がこういうことがある。

「これとまったく同じ成分で、もっとおとくなものがあります、****を購入してはどうですか?」

専門家がいうのだからと思い、何度か、その指示にしたがって購入した。健康ドリンクを購入しようとしたときも。うがい薬を買おうとした時も。

しかし、私の結論はこうだ。

やはり、効果は違っていた。やはり、自分が最初に購入しようと思っていた薬や健康ドリンクやうがい薬を買えばよかったと後で思った。あれば、絶対に販売促進戦略だ。

ひどい。

今日も、健康ドリンク「ウコンの力」を買いに、薬局にいった。レジで、やっぱりでた。

「これと全く同じで成分で・・・」といったとたん、すかさず私は「これでいいんです!!!」といってやった。

なんとなく意味もなく気分がよかった。何かわらならいが、勝った気分になった。まちがえ、買った気分になった、とおやじギャグでも言いたい気分だ。

クイズ:以下の本は上記のカテゴリ―のどれでしょうか?

  • 菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

    菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

  • « ドラッカー講座10月12日水曜から新宿ではじまります。 | トップページ | 事後ではなく、事前の問題ではないか? »

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    2021年8月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31