慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 派閥の研究 | トップページ | 知っているが学びを邪魔する »

2011年8月28日 (日)

沖縄から帰宅

本日、沖縄での学会から帰宅。今回、少しだけ時間があったので、はじめてひめゆりの塔にいった。そして、地下壕にもいった。そしてわかったことがある。

まえから、沖縄にいくたびに、思ったことがある。なぜ沖縄がタイのプーケットのような観光地にならないのか?

プーケットやペナンなどにいくと、スキューバーダイビングなど・・・・いろんなツアーの宣伝で満ちている。しかし、沖縄のホテルにいくと、そんなことはない。おとなしいのだ。なぜか。

ひめゆりの塔、地下壕にいってわかった。

おそらく、沖縄の人たちは今後もさらに観光業を発展させてることは十分できるだろう。しかし、その先に必ずぶつかることがある。最後は、戦地跡を金儲けにすることができるかである。

できない。これである。

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

« 派閥の研究 | トップページ | 知っているが学びを邪魔する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。