慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 野中先生との共同研究 第2弾 | トップページ | 沖縄から帰宅 »

2011年8月21日 (日)

派閥の研究

現在、派閥の研究も進めている。山本七平によると、派閥はたとえ悪しき存在でもずっと存続してきたと主張している。

そして、その理由として、「事実の世界(派閥)」と「法・ルールの世界」が日本では相互作用せず、後者の世界が前者の世界を統制できなかったからというようなことを言っている。

しかし、実際には個々の派閥をみれば、派閥は消滅している。日本陸軍の皇道派、長州閥、海軍の薩摩閥などなど・・・。政治の世界の派閥も個別でみれば、消滅している派閥もあるよう思える。つまり、厳密にいえば派閥は永続しているわけではないのだ。

この矛盾点をどう考え、説明するのかが私の研究であり、仕事になる。この研究の成果は、DHBRで発表する予定ですので、関心のある方はぜひとも一読お願いしたいと思います。

  • 菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

    菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

  • 菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

    菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

  • « 野中先生との共同研究 第2弾 | トップページ | 沖縄から帰宅 »

    4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

    コメント

    この記事へのコメントは終了しました。

    2019年11月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30