慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 現在、採点中 | トップページ | 野中先生と会うと、いつも未来が開ける »

2011年7月31日 (日)

試験の採点ほぼ完了 聖将軍 今村均のこと

大量の前期試験の採点もほぼ完了した。大変な作業であった。

これから、やっと自分の研究ができる。嬉しい。しかし、少し体調が悪い。

採点の合間に、日本陸軍、今村均の研究をしていたのだが、改めて今村均はすごいと思った。

司馬遼太郎が『坂の上の雲』で、乃木の軍人としての能力を批判しているが、今村の性格からして珍しく、これに反論している。

今村の反論は、非常に興味深い。

彼は、多元論的世界観に立ち、軍人としての才能はただ物理的に勝利することだけではなく、人間としての品性や魅力など心理的世界や知性的世界に関わるものが重要なのだという。それらの魅力も含めて、軍人は評価されるべきだというのだ。

この点も含めていえば、日露戦争の二百三高地の乃木の戦略・戦術的な采配だけを批判することは表面的だという。

あの戦いは、乃木という人物がそこに存在していたからこそ勝ち抜けたのだという。つまり、ミドルもロアーも兵士も乃木大将がそこにいたので、苦しい戦いを勝ち抜けたのだという点が重要なのだということだ。そのことを軍中央もよくわかっていて、軍司令官を交代させることはできなかったのだいうのだ。

われわれ人間はトップが良い戦略を立てればそれに従って行動し、良い結果をだすわけではないのだ。人間はロボットではないのだ。

はやりトップに魅力がないとだめなのだ。魅力がなければ、みな打算的に動く、管理システムがしっかりしていれば、ぜいぜい1+1=2のように機械のように動く。管理システムが駄目だと、みな手抜きする(モラルハザードが起こる)ので、1+1<2になったりする。

しかし、リーダーに魅力があれば、みな負担するコストを無視して行動してくれる。そうすると、1+1<3になったりするのだ。

秋になれば、NHKで『坂の上の雲』が放送されるのだが、楽しみだ。

こういった点を、ぜひいまの総理は理解してほしい。人間的な魅力のない人がいくら立派な理念や戦術や戦略を語ってもだれもついてこないのだ。

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

« 現在、採点中 | トップページ | 野中先生と会うと、いつも未来が開ける »

11)戦略学(CGS)」カテゴリの記事

コメント

菊澤先生のブログはいつも楽しく拝見させていただいていますが、軍隊の話をする時の菊澤先生はちょっといただけないなあ、と思います。
軍隊っていうのは、戦争のためや人を殺すために組織された集団なので例えとして良くないですし
それを熱っぽく語っている菊澤先生を見ると引いてしまう人が少しは出てくると思います。
授業中は軍隊の話は出てこなかったように記憶していますが、学生さんなど若い人であるほどピンとこない話題なのではないでしょうか?

この記事へのコメントは終了しました。

« 現在、採点中 | トップページ | 野中先生と会うと、いつも未来が開ける »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31