慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« XJapan はすごい!学ぶべき点は多い。 | トップページ | もう何でもありの菅総理 »

2011年7月 1日 (金)

専門バカへの慰め by ファイアーベント

 今日は、学生に授業評価を行ってもらうために、事前にアンケート用紙を300枚印刷しに、南館の講師室に隣接する印刷部屋に行った。

そのとき、印刷をしていたのは私だけ。そして、やる気のないアルバイトの学生。クーラーが弱く部屋がいくぶん暑い。印刷をはじめたところ、目の前に扇風機があることに気付いた。扇風機は少し天井をむていた。

私は、周りをみて誰もいないので、扇風機の角度を変えて、自分に風がくるようにした。かなり、涼しくなった。

そこに、事務員が突然現れて、そして私にこういった。

「先生!この扇風機は部屋全体を涼しくするために、少し上に向けてあるです」といって、扇風機の角度を変えて、再びものと方向へもどした。

私は、戸惑った。そして、心の中でこうつぶやいた。

「お前は何のために部屋を涼しくしようとしているんだ。部屋という物理的世界を涼しくするためか。違うだろう。最終的に、部屋で印刷作業する人が作業しやすくするために、部屋を涼しくしているのだろう。そして、そのために、扇風機を回しているのだろう。そこに、作業しているのは私だけだ。その人間のために、扇風機を回しているのだろう。私より部屋が大事なのか~~~~~」

その後、その部屋をでた。部屋をでたら、今度は向こうから警備員が歩いてきた。

この通りは横4人ぐらいしか通れない。いま3人の学生が話しながら横に並んでいる。残り1名のスペースしかない。このまま歩けば、向こうからくる警備員と私はぶつかる。どうしよう。困った。

結局、教員の私が警備員に道を譲った。向こうはよけるしぐさもしなかった。

何か。不条理だ。不条理な一日だった。

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

« XJapan はすごい!学ぶべき点は多い。 | トップページ | もう何でもありの菅総理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門バカへの慰め by ファイアーベント:

« XJapan はすごい!学ぶべき点は多い。 | トップページ | もう何でもありの菅総理 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31