慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 今日は乗り越して八王子までいってしまった | トップページ | 被災地のことを考えると、そんなことをしている場合か、というけれど! »

2011年6月 2日 (木)

この時期になぜ不信任案!というけれど、 人が動かないとカネも物も動かないのだ!

 内閣不信任案が可決されるかどうか。この問題をめぐって、マスコミは一律に、こんな大変な時期になぜ政治権力闘争なのか。はやく復興対策を・・・という。

 しかし、このようなマスコミの発言はどうだろうか。私の考えはこうだ。人が動かないと、お金も物も動かないのだ。ドラッカーがいうように、人、モノ、カネの中でも、人は特殊であり、もっとも大事なのだ。

 信頼できない人がトップに居座ると、人が動かないのだ。そうすると、モノもカネも動かななくなるのだ。すべて人なのだ。

 いまの内閣で疑問なのは、「この総理のために、おれはお金や名誉とは無関係に働きたい」と思う人はどれだけいるのか?もしそんな人があまりいなければ、今後も人はますます動かなくなる。そうすると、復興のためのモノもカネも動かなくなる。その動きはもっと遅くなるだろう。

 各専門の大臣に話をすることなく、総理が勝手に「・・・・・万戸の仮設住宅をお盆までに建設する」とか、「・・万戸のソーラーパネル住宅を建設する」とか勝手にいってしまうのはいかがなものか?カント的にいえば、それは担当大臣を人間として扱ってないのだ。脅せば動く動物のように扱っているのだ。大臣がかわいそうになる。こいったことがたびたび起こっているようだが、そんな総理のために進んで動く人などいないだろう。

 だから、危険なのだ。

 私たちは、本質的に昨年と同じ場面にいま出くわしているのだ。デジャブーだ。

●昨年:

マスコミ「民主党党首選挙が1カ月後にある。1カ月で日本の総理が変わるなんておかしいだろう」 こうして、菅総理が継続した。

●今年:

マスコミ「この震災の時期に、総理が変わるなんておかしいだろう」 だから、菅総理は継続すべきだ。

このようなロジックの方がおかしい。

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

菊澤研宗: なぜ「改革」は合理的に失敗するのか 改革の不条理

 

« 今日は乗り越して八王子までいってしまった | トップページ | 被災地のことを考えると、そんなことをしている場合か、というけれど! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です。


福島では、命がけで作業が続けられているにもかかわらず、
次の選挙のために「ええかかっこしい」しかしない、
それが管さんだと思います。
太陽光の技術をいっさい持たないが、
大金持ちの孫正義の個人マネーに目がくらんだのでしょう。

おそらく民主党を支えていた経団連、連合が見限って、
「太陽光・・・、いいかげんにしろよ」ということになったのだと思います。


そもそも太陽光は、オイルショックころの昭和40年代から、
経産省がサンシャイン計画をすすたのですが、
いっこうに革新的な開発がなされていないのが実情です。
朝日ソーラーの詐欺事件がその例です。


購入者も、
「400万の設備投資は自己負担。
 これにメンテナンス費用のランニングコストがかかる。
 夏場以外はメーカーのいう発電量がぜんぜんできない。
 補助金は30万円のみ。
 もとをとるのは、30年かかる」
といっているのが大多数な情勢です。


ドイツでは太陽光を進めようとしているのは、
労働者出身の体制に批判的な家庭の子供や、
不勉強の学生たちです。
多くの勤勉なドイツ国民は、
安定的な電気がなければイノベーションが成り立たないことを知っており、
お手企業のほとんどは原子力維持の陳情を政府に出しています。


先進国がどのように動いているのか、
そして日本はそれに取り残されていくのか。
ムーディーズやS&Pの格下げ傾向、
ホンダ、ソニーへの個人情報攻撃、
日本をつぶす動きに、全国民力をあわせて、
立ち向かわねば出すね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日は乗り越して八王子までいってしまった | トップページ | 被災地のことを考えると、そんなことをしている場合か、というけれど! »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31