慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 被災地のことを考えると、そんなことをしている場合か、というけれど! | トップページ | いま首相に問われているのは政治的経済的問題ではなく、人間的問題だ »

2011年6月 5日 (日)

2011年7月9日経営哲学学会関東部会のお知らせ

3月に予定され延期となっていた関東部会を開催します。

●今回は、学会の将来を担う若手のシンポジュウムで、司会、コメンテータを中堅の研究者で行ってもらうというのが狙いです。

●登壇する若い研究者や中堅研究者はいずれも非常に優秀です。私、菊澤が直に発表を聞いており、ぜひみなさんにも聞いてほしいと思わせる人たちです。とても刺激的な人たちです。

●また、今回は学会の重鎮、平田光弘先生に、ご講演お願いしてあります。今回は、先生から学問についていろいろと興味深いお話が聞けると思います。

●非会員の方で関心のある方は、以下のアドレスに参加希望のメールをください。

office1@jamp.ne.jp(送信失敗の表示がでますが、届いています)

●あるいは、以下から私にメールを直接ください。

http://kikuzawa.cocolog-nifty.com/about.html

研究や勉強が好きな人は大歓迎です。

*******************************************************

経営哲学学会関東部会

日時:7月9日土曜日13時から 

場所:慶応義塾大学三田校舎 443教室(南校舎:新築) 

  http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html (建物6番の4階です) 

プログラム 

総合司会 榊原研互(慶應義塾大学)

Ⅰ:関東部会長挨拶 渡部直樹(慶應義塾大学)

Ⅱ:講演 13時-14時(講演30~40分+質問+休憩)

講演者:平田光弘(一橋大学名誉教授)「経営の“学”を考える」 

  司会:三井 泉(日本大学) 

Ⅲ:次世代若手研究者シンポジュム:14時-17:30時

(報告者1人30分程度+コメテータ15分程度)

司会:三橋 平(慶應義塾大学)

コメンテータ:山中伸彦(立教大学)

コメンテータ:石井康彦(高千穂大学)

―方法論:企業行動をめぐる三つの見方―

1:報告者:ミン・ジョンウォン(慶大義塾大学大学院) 

埋め込み理論アプローチ

「組織間ネットワーク埋め込みと仲介ポジション・ダイナミクス」  

2:報告者:上西聡子(神戸大学大学院)

社会学的新制度派アプローチ 

「技術標準をてこにした企業戦略の差異化

―携帯電話産業で生じたガラパゴス化を事例に-」

3:報告者:橋本倫明(慶大義塾大学大学院)

経済学的新制度派アプローチ

「企業境界をめぐる行動取引コスト理論分析」

Ⅳ:懇親会 山食 18時から

*実行委員 菊澤研宗(慶応義塾大学)

« 被災地のことを考えると、そんなことをしている場合か、というけれど! | トップページ | いま首相に問われているのは政治的経済的問題ではなく、人間的問題だ »

10)経営哲学学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月9日経営哲学学会関東部会のお知らせ:

« 被災地のことを考えると、そんなことをしている場合か、というけれど! | トップページ | いま首相に問われているのは政治的経済的問題ではなく、人間的問題だ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30