慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 映画「もしドラ」の試写会にいった | トップページ | 命令違反が組織を伸ばす by 菊澤 »

2011年5月28日 (土)

たぶん私と違うのだが、人間として面白い。山本太郎さん。

 私は、素人で良く知らないのだが、山本太郎氏の行動は面白い。人間として非常に面白いのだ。彼は、反原発運動を起こして、事務所を辞めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000042-flix-movi

上の記事によると、芸能界では反原発を叫ぶと、仕事がなくなるようだ。だから、原発反対発言をしない方が楽なのであり、得なのだ。お金も、収入も変化しない。ただひたすら、言われる通り、大人しく、いつものように活動する。これが楽なのだ。

しかし、それにも関わらず、山本太郎氏は訴えたいという。たとえ、事務所を首になっても。すごい勇気だ。多分だれに言われたわけでもないだろう。ただ内なる声に従っているのだろう。内から湧き起る声に従っているのだろう。そして、その行為に対して自ら責任をとったのだろう。

こういった行為は、カント的にいえば、未成年から抜け出した状態。啓蒙された人間の行為といってもいいのかもしれない。私とはいろんな点で異なるのが、人間として山本さんの行動は注目に値すると思う。

« 映画「もしドラ」の試写会にいった | トップページ | 命令違反が組織を伸ばす by 菊澤 »

11)ポパーとカントの哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぶん私と違うのだが、人間として面白い。山本太郎さん。:

« 映画「もしドラ」の試写会にいった | トップページ | 命令違反が組織を伸ばす by 菊澤 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31