慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 法律があるかないかはたいした問題ではない | トップページ | 今年の夏はある意味で社会実験 »

2011年5月 4日 (水)

本を読まずに書評を書く困った人

たくさんの人が私の本についてコメントを書いてくれている。それはありがたいことだ。

 しかし、本の内容を理解しないで(読まないで)、勝手に否定する困った人もいる。その一人が、池田信夫氏だ。過激なことを書いて、目立ちたがるのはいいのだが、本の内容を理解することが基本だ。(私は基本的に個人攻撃を好まないので、これまで沈黙してきたが、誤解が増殖するので、今回は書きたいと思う)

おそらく、彼は拙著『組織は合理的に失敗する』日経ビジネス人文庫を読んでない。10年前に読んだなどと書いているが・・・たぶん読んでいないことすら忘れているのだろう。彼は、本や論文の読み方を教わらないで、博士号をもらったようだが、残念なことだ。いまは、博士のインフレ時代。最悪の時代だ。

池田氏が批判の対象としている内容部分に関して、彼は私が「エイジェンシー理論」や「所有権理論」を利用していると勝手に勘違いし、その勘違いにもとづいて、さらにオリバー・ハートの所有権理論を引き合いに出しているようだが、もうどうしようもない。その部分で用いている理論は、「取引コスト理論」なのだ。

つまり、勘違いの2乗となっているわけだ。多分、彼の頭では、「エージェンシー理論」も「所有権理論」も「取引コスト理論」も区別できないのだろう。困ったものだ。本をじっくり読んだことがないのだろう。

私の『組織は合理的に失敗する』に対する池田氏の書評に対して、杉田仙太郎氏のツイッターのコメントが正確なので、紹介したい。

(杉田仙太郎様、掲載お許しください)もうこれで、十分だと思います。

saintarrow 杉田仙太郎  )@ikedanob 池田信夫が菊澤研宗『組織は合理的に失敗する』を批判していた。理由は著者菊澤が「サンクコストを守ることが合理的だ」と考えているが、経済学ではサンクコストを守ることは不合理な錯覚だから、3月29日

»saintarrow 杉田仙太郎  )@ikedanob池田信夫は読み間違いをする人のようだ。著者菊澤は絶対の合理は存在しないことを基本に理論を展開している。「サンクコストを守ることが合理的だ」と考えているのは菊澤ではなく間違いを犯す人、3月29日 

»saintarrow 杉田仙太郎  )@ikedanob 菊澤が『組織は合理的に失敗する』で主張しているのは、人はなぜ「サンクコストを守ることが合理的だ」と判断してしまうかだと思う。池田は物事を理解する能力がないのだろうか。3月29日

« 法律があるかないかはたいした問題ではない | トップページ | 今年の夏はある意味で社会実験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

池田氏の博士号はSFCでメディア学で取得していますが、なぜか池田氏は経済学者と自称していますね。SFCは公共政策でしたか? 彼は経済学の訓練は大学院では受けていないわけですが、ブログを見ていると、リチャード・クー氏などを「博士号も取れなかった落ちこぼれ」だと罵倒しています。クー氏は少なくとも経済学の修士号はもっています。本当に困った人ですね。たぶん劣等感からあのような言動をしてしまうのだと思う。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読まずに書評を書く困った人:

« 法律があるかないかはたいした問題ではない | トップページ | 今年の夏はある意味で社会実験 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31