慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 本を読まずに書評を書く困った人 | トップページ | 拙著『なぜ改革は合理的に失敗するのか』の書評 »

2011年5月 5日 (木)

今年の夏はある意味で社会実験

 福島原発事故で、家庭も、企業も、大学も電気使用をめぐって制約を受け、これまでの生活を構造的に変えざるを得ない状況になっている。

 とくに、今年の夏は大変だ。みな、すでに計画を立てているだろう。とにかく、大変な夏がくる。

 しかし、見方を変えると、今年の夏はある意味で社会実験的な意味もあるように思える。もし、日本が今年の夏を乗り越えることができたならば、われわれは必ずしも原発に頼る必要はないことが証明されてしまうかもしれない。あるいは、やはり原発がないとだめなのか。

 結果として、何かが証明されるのか?今年は、この点にも注目する必要があるだろう。

 さらに、いま構造的大変革が迫られているのだが、いまこそイノベーションにとってたくさんのチャンスが来ているともいえる。企業では、これまで見捨てられてきたいろんなアイディアが浮上しているかもしれない。この点にも、注目したいものだ。

« 本を読まずに書評を書く困った人 | トップページ | 拙著『なぜ改革は合理的に失敗するのか』の書評 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。

菊澤先生の本は、どれもすばらしいと思ってます。ファンです。


私は、エネルギー政策は、中長期的な視点に立つべきだと考えます。

さらに、野中先生もいうように、安全保障の面の考慮も重要です。

というのも、大東亜戦争は、アメリカが石油を日本に輸出禁止したために、備蓄が底をつきかけ、日本が差し迫る事態におちいったこと。これが、ひとつの戦争動機だったからです。

日本は、無資源国家です。

石油は中国や、アメリカ、中東などから輸入しなければなりません。

天然ガスは、ロシアを中心として輸入しています。

太陽光は、メーカーは都合のいいことしかいいませんが、現実的には発電能力に問題があり、まったくあてになりません。発電コストは10倍になるはずです。購入者のほとんどは、不満を言っているはずです。

これらの要因から、原子力は、中長期的なオプションとして必要不可欠だと思います。これをなくしたら、中国とロシアにあごで使われる人生でしょう。それでよければ、原子力をすてる覚悟をもっていいと思います。

別案としては、省エネです。電気を使わない生活を想像してみたのですが、なかなかイメージできません。テレビ、エアコン、冷蔵庫、パスモ、自動販売機、今では携帯や、パソコン。ありとあらゆるものが、電化されています。しかも、需要をゼロにすれば、その分、税収や国力が落ちていくことになります。今後、経済劣国として生きるならば、電気を使わない生活をしてもよいと思います。

ものづくり、すなわちイノベーションには、大量の安定した電気が必要です。それを実現するのは、日本のオプションとしては原子力を捨てられません。これは変わらないと思います。

問いを進めて、より安全な原子力のイノベーションを作ることを考えたほうが、よいかもしれません。もしくは、放射性物質の成分をコントロールし、比較的安全な物質しか処理後でないようなイノベーションを目指すこともよいかもです。

当方の予想としては、
1.電気を使わない生活を進め、将来の日本人を経済劣国の農村漁村林業国家にするか
2.原子力の安全対策を強化し、イノベーションを確保し、経済大国を維持するか
3.原子力を放棄し、将来の日本人が戦争に突き進む芽を作るか
の選択になるかな~と思います。

なお、太陽光や風力は、実際、10倍以上の発電コストがかかりますので、ここでは無視しました。これらの発電方式は、イノベーションの余地は狭いと思います。

福島第一は、アメリカのGE社製の発電機を購入しています。50年近く前、敗戦国の悲しい選択だったのでしょう。安全保障的に、アメリカメーカーのものを買わなければならなかったことが推察されます。

とはいえ、福島のおかげで、東京の電気は燦燦とつき続け、経済大国といわれるようになりました。ジレンマですね。

最近感じるのは、関東圏の人が福島県の人にもっともっと感謝すべきだ、という感覚です。これまでさんざん、福島県の方の努力のおかげで、関東圏は明るい生活を送ることができました。それを忘れて、文句ばっかりしている人をみかけると、福島の人々はどう感じているか。それを想像すると、違和感を感じたりします。


特に、ソフトバンクの孫さん。6000億円の個人所得をもっています。その大部分は、日本全国の原子力が大きく貢献しています。ちなみに、関西電力は半分が原子力です。にもかかわらず、孫氏は原子力批判をしている。東電社長の収入の3000倍の所得を彼はもってます。福島の発電所では、被爆してもがんばっている日本女性もいます。

孫さんは、文句を言うならば、原子力の復旧作業を手伝うべきだとすら感じています。特に彼は、朝鮮日報で、英雄視されており、政府への不満を強く持っているような感じがします。孫氏の言っていることは、本当に正義なのでしょうか?私は、違うと思います。

以上のような雑感を感じています。

ソフトバンク孫さんの持っている所得は、慶應大学出身でもある東電社長の今年年収の3万倍でした。マルがひとつ足りませんでした。ケアレスミス、あしからず。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の夏はある意味で社会実験:

« 本を読まずに書評を書く困った人 | トップページ | 拙著『なぜ改革は合理的に失敗するのか』の書評 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31