慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 地震、津波、原発で気になること | トップページ | ついにレベル7となった原発事故 »

2011年4月 9日 (土)

ドラッカーの講座を慶応丸内キャンパスで

今年も4月23日から、慶応丸内キャンパスでドラッカーの講座を担当する。関心のある方はぜひ参加していただきたい。

 慶応アゴラ講座 「ドラッカーに学ぶ自由な社会と企業の役割」

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_kensyu.html

さて、ドラッカーのマネジメントの魅力は、たくさんある。その中でも、注目しなければならないのは、ドラッカーがはじめてコンサルタントとして仕事をしたGMでの調査とそれに対するGMの評価だ。

ドラッカーは、その調査の結果として、著書『企業とは何か』を出版した。それは売れた。そして、企業、教会、大学、軍隊さえも改革の参考にしてくれた。

しかし、この本をGMは評価しなかった。

特に、スローン社長はこの本を嫌った。スローンは、もともと自分の自叙伝など書く気はまったなかったが、ドラッカーのこの本が出版され、それがあまりにもGMと相いれないので、『GMとともに』という本を出版せざるをえなくなったとさえ、いったらしい。

こうして、ドラッカーはコンサルタントとして挫折した。

では、ドラッカーの考えのどこがGMに批判されたのか。そこに、ドラッカー・マネジメントの本質があるのだ。

このようなことについていっしょに考えてみたいと思います。

慶応アゴラ講座 「ドラッカーに学ぶ自由な社会と企業の役割」

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_kensyu.html

« 地震、津波、原発で気になること | トップページ | ついにレベル7となった原発事故 »

●ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカーの講座を慶応丸内キャンパスで:

« 地震、津波、原発で気になること | トップページ | ついにレベル7となった原発事故 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31