慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 昨日、慶應丸の内キャンパスでドラッカー講座を行った | トップページ | 法律があるかないかはたいした問題ではない »

2011年4月25日 (月)

ヤング・ブラック・ジャック パート2

 今回のヤング・ブラック・ジャックは、われわれに不条理な問いを投げかけていた。この点も、良かった。命を救うかどうかという問題と法律を守るかどうかという問題は別だという問いだ。

 この問題は、非常に深く、難しい問題だ。

 しかし、この問題と関連して、思い出したことがある。自動車学校へいった人はわかると思うが、自動車の免許証をもらうには、最後は筆記試験を受ける必要がある。その筆記問題の練習をしていて気付いたことがある。人命に関わるような状況では、交通ルールを破っても・・・・という方向で正解が作られていたように思う。頑なに交通ルールを守る方向で解答すると×がつくのだ。

 このことを考えると、所詮、法律も不完全な人間が作った不完全な制度の一つだといっていいのだろう。時代に合わなくなれば、変えればいいという柔軟な考えに立つ必要があるのかもしれない。

 いずれにせよ。ブラック・ジャックは、面白かった。今後は、現代医療機器を華麗に操る神の手のブラック・ジャックにリニューアルして、実写版でお願いしたい。

 キリコがどのようにして生まれたのかも、今回、暗示されていて良かった。良くできていた。

« 昨日、慶應丸の内キャンパスでドラッカー講座を行った | トップページ | 法律があるかないかはたいした問題ではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤング・ブラック・ジャック パート2:

« 昨日、慶應丸の内キャンパスでドラッカー講座を行った | トップページ | 法律があるかないかはたいした問題ではない »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31