慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 3月19日経営哲学学会関東部会の延期のお知らせ | トップページ | 学会も卒業式もみんななくなった。しかし、日本人として誇りにも思うこともある。 »

2011年3月16日 (水)

もう誰が悪いとか言っている場合ではない

 東電の福島原発をめぐって、東電の対応が遅いとか、政府主導による対応がおかしいとか、いろいろと問題が投げかけられている。しかし、だれもがこれまで経験したこともないことであり、また理論的な予測や推測を超えた事態であることは間違いない。

 相互に怒鳴りあったり、けなし合ったりするのではなく、いまはとにかく目標は同じなのだ。問題の解決だ。だれも事態を悪化させるために、画策なんかしていない。もちろん、悪意をもって東電は行動しているとは思えない。

 むしろ、東電の社員も、戦争のように志願兵として現場に向かっている。この点は、認めるべきだ。

「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ―定年前に自ら志願

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000018-jij-soci

« 3月19日経営哲学学会関東部会の延期のお知らせ | トップページ | 学会も卒業式もみんななくなった。しかし、日本人として誇りにも思うこともある。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

美談で戦争には勝てないと思います。
特攻隊では勝てなかった事と同じです。
必要な人員と設備と意志を計画的に投入してこそ戦争に勝てる可能性が生まれます。
今回もまた日本は、合理的に大失敗した事例を作った。
今も作り続けているように思えます。

先生らしくないと思います。
悪意があるないは問題解決策が必要十分である事には関係が無い。がんばっているから問題が解決することにはならない。この未曾有の危機に対して東電、原子力保安員の行動は、余りにもお粗末だ。それに振り回され、危機を乗り越えるだけの総力を投入しない政府もお粗末だ。
何も手立てが無いから10tの水を危険を冒してまでかけに行かせた行為は戦果の全く期待できない特攻と同じ低質。
先生の研究を活かして不甲斐ない合理で不甲斐ない間違いを繰り返す東電、原子力保安、政府に注意を促し、手遅れにならない時期に山口多門の出現を期待したい

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう誰が悪いとか言っている場合ではない:

« 3月19日経営哲学学会関東部会の延期のお知らせ | トップページ | 学会も卒業式もみんななくなった。しかし、日本人として誇りにも思うこともある。 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31