慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 学会も卒業式もみんななくなった。しかし、日本人として誇りにも思うこともある。 | トップページ | 単に美談を披露しているのはなく、むしろ実践理性の存在に感動している。 »

2011年3月23日 (水)

消防隊の自律的な行為に感謝する

いま、決死隊として注目されている消防隊をめぐって、政府がやらないと処分するといったとか、いわなかったとかでもめている。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-91044/1.htm

確かに、この問題は重要な問題だ。

しかし、この問題をあまりにも強調すると、結局、処分を恐れて消防隊は消火に向かったのかという他律的な印象を与えてしまう。それは、消防隊員に対して、あまりにも失礼だ。

そうではないのだ。処分されよとされまいが、やはり彼らは命をかけて自律的に向かっていったのだ。日本のために、日本国民のために、自らの職業のプライドに懸けて、立ち向かったのだ。

本当に行くのがいやな隊員は処分されても行かないものだ。

決死の覚悟で立ち向かった消防隊員にとっては、処分などどうでもよかったのだと思う。その勇気と自分の職業に対する自負心(プライド)に、わたしはただただ畏敬の念をいだくだけだ。

この大事件によって、私の新著『なぜ改革は合理的に失敗するのか』も吹っ飛んでしまった。

« 学会も卒業式もみんななくなった。しかし、日本人として誇りにも思うこともある。 | トップページ | 単に美談を披露しているのはなく、むしろ実践理性の存在に感動している。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消防隊の自律的な行為に感謝する:

« 学会も卒業式もみんななくなった。しかし、日本人として誇りにも思うこともある。 | トップページ | 単に美談を披露しているのはなく、むしろ実践理性の存在に感動している。 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31