慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 慶応丸ノ内キャンパスでのドラッカー講義 | トップページ | 大学生の就職率60%以下の意味 »

2011年2月 7日 (月)

4月から慶應MCCアゴラ講座でドラッカーやります

 今年の4月から慶應MCCのアゴラでドラッカー講座をやります。社会人から学生まで対象はどなたでも。

●慶應MCCアゴラ(関心のある人は以下を見てください)

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_kensyu2011a.html

 今回も、ドラッカー初期3部作(経済人の終わり、産業人の未来、企業とは何か)の内容をみなさんにしっかり解説し、ここからドラッカーがどのようにして、『現代の経営』『マネジメント』へと到達したのかを説明します。もちろん、彼の到達点である『現代の経営』もやります。

 ドラッカーの初期三部作は難解です。本は購入したが、理解できなかった人は多いのではないでしょうか。

 しかし、この初期三部作にこそ、ドラッカーマネジメントの本質があるのです。もしドラッカーを本格的に理解したいならば、ぜひ4月からの講座に参加してほしいと思います。

 オーストリア・ウィーンの上流階級出身のドラッカーがナチス・ドイツに追われ、英国へ、そして米国にやってきて、なぜ『マネジメント』に到達したのか。ドラッカーのマネジメントの意味は深いと思います。その意味を理解することによって、混迷する現代企業人は多くの示唆をえることができると思います。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

« 慶応丸ノ内キャンパスでのドラッカー講義 | トップページ | 大学生の就職率60%以下の意味 »

●ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月から慶應MCCアゴラ講座でドラッカーやります:

« 慶応丸ノ内キャンパスでのドラッカー講義 | トップページ | 大学生の就職率60%以下の意味 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31