慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2011年 謹賀新年 | トップページ | ドラッカーの人事管理論の本質とは »

2011年1月 5日 (水)

私の見方

 新年も忙しくて、ブログがなかなか書けない状況です。私は人とは感覚が異なるのかもと思ったことを2つ。

 (1)昨年の年末、紅白歌合戦を見た。サザンの桑田けいすけ(名前も忘れたが)が、復帰後、特別出演し、新曲を披露していた。多くの人が感動したかもしれない。

しかし、私はそうは思わなかった。新曲など聴きたくなかった。紅白なのだから、新曲の宣伝なんかやめてほしい!と思った。「つなみ、ツナミ、tunami」を!と思った。

●視聴者を単なる手段として扱っては終わりだ。by Kant

 (2)テレビ朝日の何でもランキングで、ファースト・フード店のメニューを3人の専門家が酷評している番組が面白い。売上NO1を「まずい」といって、点数がいつも低いあの番組だ。

ある人は、この番組をおもしろいといっていた。「やはり専門家のいうことは違う」と言っていた。

私もおもしろいと思った。以下の意味で。「やっぱり、専門家は駄目だ。売れるものをまずいといっている」

« 2011年 謹賀新年 | トップページ | ドラッカーの人事管理論の本質とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の見方:

« 2011年 謹賀新年 | トップページ | ドラッカーの人事管理論の本質とは »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30