慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 空気を取引コスト理論で分析 DHBRでの論文 | トップページ | 批判するということ »

2010年12月28日 (火)

私からの年末のお詫び

 若い時は本当に時間があった。ひますぎて、逆に研究がすすまないということもあった。だから、気分転換に、家内と一緒にスーパーにいって買い物もよくした。

 ところが、最近は、ありがたいことにたくさんの仕事がある。私は、なかなか断れないので、なんでも受けてしまうのだが、もう限界に近いのかもしれないと思うこともある。

 しかし、私を必要としているのだと思ってできるだけ対応しようとしているのだが、やはり限界があって、迷惑をおかけしている人もいる。申し訳ない。

 若い時、ああいったことだけは止めようと思っていた学者の態度を残念だが、やってしまう自分がいる。しかし、それは横柄な性格とか、おごりとかでは決してない。

 私が限定合理的でどうしようもないからだ。ということで、ご迷惑をおかけしている方々に、この場を借りて、お詫び申し上げたい。

 

« 空気を取引コスト理論で分析 DHBRでの論文 | トップページ | 批判するということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私からの年末のお詫び:

« 空気を取引コスト理論で分析 DHBRでの論文 | トップページ | 批判するということ »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31