慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 批判するということ | トップページ | 2011年 謹賀新年 »

2010年12月29日 (水)

「仁」の総集編はよかった

 最近は、韓国ドラマにはまって、日本のドラマにはまったく関心がなかったのだが、TBSの「仁」の総集編は良かった。

 そこには、韓国ドラマの良さに共通するものがあった。ぜひこのようなドラマを量産してほしいものだ。とにかく、お笑いや濡れ場に頼るな!内容だ。内容で勝負、素手で勝負してほしい。原点にもどって、ドラマの本質に迫ってほしい。

 昨年、「仁」は同時に放映されていた「坂の上の雲」よりも視聴率が高かったのもうなずける。もちろん、今回の方の「坂の上の雲」もよかった。やはり、日露戦争は面白い。

 日露戦争は、日本人が智恵を振り絞った直接・間接的な多元的な戦いだった。

(1)陸海の物理的な攻撃作戦

(2)レーニンなどの共産主義者を扇動する作戦

(3)ルーズベルトによる調停作戦

われわれはいまこそ日露戦争での日本人の決意(日本滅亡の危機)とその戦略思考を学ぶべきだと思う。

二百三高地の戦い

http://www.youtube.com/watch?v=7YZAUe3ee2Y&feature=related

さだまさしの防人の歌が悲しい。 

« 批判するということ | トップページ | 2011年 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仁」の総集編はよかった:

« 批判するということ | トップページ | 2011年 謹賀新年 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31