慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ハーバードビジネスレビューの拙稿「合理的に失敗する組織」と空気論 | トップページ | 横浜国大の三戸ゼミとインゼミ »

2010年12月21日 (火)

老人が元気すぎる不条理な国

 私は日々不思議に思うことがある。

●黄色から赤新号に代わる瞬間、老人が横断歩道を走りぬけた。あげくのはて、サラリーマンにぶつかり、サラリーマンがよろけた。何か変?不条理な世界だ。

●よく慶応大学の東門の横断歩道で、走り抜ける年寄りを見かける。走ると、危ないんだけど~~こっちが。

●夜、疲れて帰宅するバスで、サラリーマンの顔は暗く、憔悴しきっている。大雨の夜、元気のいい老人がなぜかバスに乗り込んできた。疲れたサラリーマンは、それをみて席を譲る。しかし、老人はその席に座らず、荷物だけを置いて、立っていた。何か変?不条理な世界だ。

私は、ときどきいいたいことがある。

「若者や中年をいたわろう」

« ハーバードビジネスレビューの拙稿「合理的に失敗する組織」と空気論 | トップページ | 横浜国大の三戸ゼミとインゼミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人が元気すぎる不条理な国:

« ハーバードビジネスレビューの拙稿「合理的に失敗する組織」と空気論 | トップページ | 横浜国大の三戸ゼミとインゼミ »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31