慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ドラッカーの話は確かにためになる | トップページ | フィクションよりもノンフィクションが好きなはずなのに・・・ »

2010年11月 3日 (水)

経済敗戦、外交敗戦、その次は

 日本は本当に怒らなくなった。日本に正義はないのか。ロシアや中国の行動に対する日本政府の対応に対して、そういいたいい気持ちになるものだ。

●記事

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-snk20101103106/1.htm

 ロシアのメドベージェフ大統領が日本の北方領土・国後島訪問を強行したことを受け、前原誠司外相は河野雅治駐露大使の一時帰国を決め、ロシア政府に抗議の意思を示している。しかし、政府はいまだ事なかれ主義で、首脳会談を期待しているという甘い考えだ。

 寝ぼけているのだ。そこには、まったく戦略がないのだ。どうなってしまうのか。外交しかり、経済政策しかり、国際関係しかり、すべてが弱腰。これではだめになってしまうのだ。

 何もしないので、円高だけが進む。領土も浸食される。破滅的だ。日本は、どうなってしまうのか。

« ドラッカーの話は確かにためになる | トップページ | フィクションよりもノンフィクションが好きなはずなのに・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済敗戦、外交敗戦、その次は:

« ドラッカーの話は確かにためになる | トップページ | フィクションよりもノンフィクションが好きなはずなのに・・・ »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31