慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

« 日テレのスト、いつかどこかでみた光景 | トップページ | 新刊『企業の不条理』中央経済社が間もなく発売! »

2010年10月 3日 (日)

女性検事はすごい。命令違反が組織を伸ばす。

 大阪地検の証拠改ざん疑惑。この事件は衝撃的だ。公平であるべき裁判で、相手に罪をかぶせるために、検事が相手が不利になるように証拠を改ざんし、しかもそれを隠ぺいするという事件だ。もう世も末だ。この組織はどうなっているのだ。

記事

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc%2Fdomestic%2Fosaka_prosecutor_evidence_tampering%2F#backToPagetop

問題は二つに分けられる。

(1)なぜ改ざんしたのか。

(2)なぜ改ざんし、その発覚を恐れて隠ぺいしようとしのか。

(1)については、人事制度が問題なのかもしれない。多くの事件で相手に罪を認めさせると、昇進するという明示的ルールあるいは非明示的ルールがあったのかもしれない。それが、人間をこのような悪しき行動へと合理的に導いたのかもしれない。つまり、不条理を生み出したのかもしれない。

(2)も、組織の不条理だ。おそらく、この事件に関わるうちに、実はこの事件は「シロ」だと気づいたが、途中で後戻りできなくなったのではないか。後戻りするには、あまりに交渉取引コストが高いと認識したのだろう。マスコミ対応。組織の存亡。組織内での交渉取引コストの膨大さだ。

このままいけば、この組織は相当悪しき組織へと発展していただろう。しかし、この組織はまだ再生可能だと思う。この問題がどうなるかまだ未定だが、これを基礎に進歩できる可能性はある。

この意味で、この事件を明らかにした女性検事の正義には拍手を送りたい。彼女は、上司の命令を退け、自分の進退をかけて、正義に従い上司に迫ったのだ。すばらしい。私は言いたい。命令違反が組織を伸ばす!

拙著『命令違反が組織を伸ばす』光文社新書

菊澤 研宗: 「命令違反」が組織を伸ばす (光文社新書)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334034136/kikuzawakensh-22

« 日テレのスト、いつかどこかでみた光景 | トップページ | 新刊『企業の不条理』中央経済社が間もなく発売! »

2)不条理の経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132127/49634733

この記事へのトラックバック一覧です: 女性検事はすごい。命令違反が組織を伸ばす。:

« 日テレのスト、いつかどこかでみた光景 | トップページ | 新刊『企業の不条理』中央経済社が間もなく発売! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31