慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ファッションの話の続き | トップページ | 女性検事はすごい。命令違反が組織を伸ばす。 »

2010年10月 1日 (金)

日テレのスト、いつかどこかでみた光景

 以下の記事によると、日テレが9月1日の24時間のストでは足りず、今回は36時間にストを延長したようだ。問題は、賃金改定にあるようだ。つまり、賃下げに対する抗議だろう。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/rl-20101001-3770/1.htm

 記事は、もともと給与が高いマスコミ、とくにテレビ局の職員が給与をめぐってストをすることに対するひややかな内容だ。この不況に、おめでたい、ということだろう。

 他のほとんどの業種の企業の従業員や公務員は、現在の不況に対応してもともと安い給与をさらに削られている。しかし、従業員がストを起こしたという話しは、あまり聞かない。

 このズレはどういうことか。

 そういえば、デジャブーで、同じ光景を前に見たことがある。はやり不況で、ほとんどの業界が賃下げをし、それを受け入れざるを得ない状況であったにもかかわらず、賃上げ要求をしてストを敢行した会社があった。

 航空会社だった。

 そのとき、思った。これだけ環境を認識できず、適応できない会社は社会的圧力によって淘汰されるだろうなあ~と。

 そうならないよう祈りたい。

« ファッションの話の続き | トップページ | 女性検事はすごい。命令違反が組織を伸ばす。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日テレのスト、いつかどこかでみた光景:

« ファッションの話の続き | トップページ | 女性検事はすごい。命令違反が組織を伸ばす。 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31