慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« キム・テヒ 日本へ本格進出宣言 | トップページ | 『企業の不条理』第3章 キュービック・グランド・ストラテジーの応用 »

2010年10月26日 (火)

新著『企業の不条理』第2章について

新著『企業の不条理』が店頭にならびはじめた。この本は、どうも店員にとっては、分類が難しい本のようだ。

ある本屋では、企業の不祥事・コンプライアンスのところに置いてあった。別のところでは、企業情報問題のところにあった。また、別のことろでは、経済学のところにあった。

私の意図としては、経営学、組織論、戦略論のところに置いてほしいのだが、どうも意図が伝わっていないのかもしれない。

ところで、この新著「企業の不条理」を、後期に日大で講義している。今度は、第2章 銀行の不条理について講義する。

なぜ1980年代日本のバブルは起きたのか。そこに銀行はどのように関与したのか。それは、完全に合理的行動だったのか。あるいは感情的な行動だったのか。実は、銀行は合理的に失敗したのだ。これを取引コスト理論で説明する予定である。

関心のある人は、ぜひ本を購入してほしい。

●アマゾン

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4502680206/kikuzawakensh-22

●ゼンブンアンドアイ

http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102983948/subno/1

●楽天

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%9D%A1%E7%90%86-%E3%80%8C%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%8F%8A%E6%B2%A2%E7%A0%94%E5%AE%97-9784502680205/item/6806773/

企業の不条理 「合理的失敗」はなぜ起こるのか

« キム・テヒ 日本へ本格進出宣言 | トップページ | 『企業の不条理』第3章 キュービック・グランド・ストラテジーの応用 »

6)菊澤の著書の説明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新著『企業の不条理』第2章について:

« キム・テヒ 日本へ本格進出宣言 | トップページ | 『企業の不条理』第3章 キュービック・グランド・ストラテジーの応用 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30