慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 人間の「誤り」は少なくとも二つの意味、効果、意義をもつ | トップページ | 戦訓を文字にしておくことが重要かもしれない »

2010年9月14日 (火)

坂本龍馬は取引コスト節約者だ

 NHKの大河ドラマ龍馬伝はおもしろい。とくに、薩摩と長州とが同盟を組む薩長同盟へのプロセスが面白い。

 本来、薩摩と長州が相互に手を組むことは、日本にとって効率的な効果をもたらす。しかし、両国はこれまでのいきさつから相互に憎しみ合い、それゆえ両者が直接交渉取引することは難しい。非常に取引コストが高いのだ。

 こうした状況で、登場しているのが坂本龍馬だ。まさに、彼は薩長間に発生する取引コストを節約し、薩長同盟を結ばせた。取引コスト節約者なのだ。こうして、日本の歴史は動いて行った。

 ドラマの高杉晋作はかっこいいなあ~

« 人間の「誤り」は少なくとも二つの意味、効果、意義をもつ | トップページ | 戦訓を文字にしておくことが重要かもしれない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬は取引コスト節約者だ:

« 人間の「誤り」は少なくとも二つの意味、効果、意義をもつ | トップページ | 戦訓を文字にしておくことが重要かもしれない »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31