慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 戦訓を文字にしておくことが重要かもしれない | トップページ | やはり慶応義塾は民間企業に強かった。 »

2010年9月16日 (木)

曲名かグループ名かわからないときがある。

 昨日、テレビで100万以上売れた歌の特集をやっていた。懐かしく、つい聞き入ってしまった。

 その中に、むかしはじめて聞いたときに、それが曲名なのか、グループ名なのか、わからず、混乱した歌があった。

 「スピッツ」の「ロビンソン」だ。どっちが、曲名だ?どっちがグループ名だ?。

そのときはもう年だったかもしれない。いや、そうではない。同じことがもっと若いときにも経験した。

 「キャロル」の「ルイジアンナ」だ。どっちが曲名だ。どっちがグループ名だ。

 まあ、とちらでもいいのだが、当時は何かめんどくさかったなあ~

 キャロルといえば、キャロル・キングはいい。ニューヨーク大学に留学しているとき、夜、部屋でいつも勉強しながら聞いていた曲がある。 「You've Got A Friend 」だ。曲が好きだったのだが、いつのまにかその歌詞もいいことに気づいた。

歌詞がいいので、耳を澄まして聴いてほしい。彼女の曲はどれも歌詞がいい。

キャロル・キング

http://www.youtube.com/watch?v=XHlcW_lKPl4&feature=related

  

« 戦訓を文字にしておくことが重要かもしれない | トップページ | やはり慶応義塾は民間企業に強かった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曲名かグループ名かわからないときがある。:

« 戦訓を文字にしておくことが重要かもしれない | トップページ | やはり慶応義塾は民間企業に強かった。 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31