慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« カントに忠実であったがゆえに、ウェーバーはジレンマに陥った。その知的誠実さと知的廉直さに乾杯。 | トップページ | 徴兵制、兵役制については、考えさせられる »

2010年9月21日 (火)

ドラッカーの言葉は熱い。魂の叫びだからだ。

 10月12日から、慶大丸内キャンパスのアゴラ講座でドラッカーの講義を6回にわたって行う。関心のある人はぜひ参加してほしい。

●慶大丸内キャンパス「ドラッカー再発見」菊澤

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_kensyu2010.html

 ドラッカーはたくさん本を書いているので、彼のマネジメントの本質を理解するのは難しい。彼のマネジメントの本質を知る方法はたくさんあるだろう。しかし、やはり、彼の原点となる書作に戻ることが正攻法であろう。自分自身のことを考えても、結局、自分の原点は若い時に勉強したことにあり、そこで学んだことを一貫して利用しているのだ。

 ドラッカーの処女作は、『経済人の終わり』である。その出だしの文章が熱い。

「本書は政治の書である」

「本書には明確な政治目的がある。」

「自由を脅かす専制に対抗し、自由を守る意思を固めることである」

このようなドラッカーが、なぜマネジメントの世界に入ってきたのか。みなさんとともに考えてみたい。

« カントに忠実であったがゆえに、ウェーバーはジレンマに陥った。その知的誠実さと知的廉直さに乾杯。 | トップページ | 徴兵制、兵役制については、考えさせられる »

●ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカーの言葉は熱い。魂の叫びだからだ。:

« カントに忠実であったがゆえに、ウェーバーはジレンマに陥った。その知的誠実さと知的廉直さに乾杯。 | トップページ | 徴兵制、兵役制については、考えさせられる »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31