慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 計量的な研究への疑問 | トップページ | 野中先生の著『流れを経営する』 »

2010年8月10日 (火)

渡邊著『ドラッカーと松下幸之助』

 先日、PHPの渡邊さんから『ドラッカーと松下幸之助』というphpビジネス新書をいただいた。

 私は、秋に慶応の丸の内キャンパスKMMCで、ドラッカーの講座を開くので、ドラッカーに関する本にはさっと目を通すようにしている。私の印象では、最近のドラッカーに関する本は、ブームに乗っかり、ほんどんどドラッカーと関係ないものが多いという印象だ。

 ときどき、これがドッラカーの経営学とどこが関係あるのかというひどいものある。表紙がドラッカーーで中身が全く関係ないものも多い。応用することばかりに目を奪われて、ドラッカーの原理部分がほとんどないのだ。

「イノベーション」、「顧客の創造」、「事業部部制」、「目標による管理」これらの言葉に関係すると、なんでもドラッカーというわけだ。やはり、何事も原理・原則は重要だ。そうでないと、もう来年はドラッカーなど忘れているだろう。

私の講座では、まじめにドラッカーの経営哲学を議論したいので、役に立つ本が少ないのだ。みんな商売がうまいという感じがする。見事だ。

こうした思いもあって、渡邊さんの新書『ドラッカーと松下幸之助』を読んだが、久しぶりにまともな本と出ったという感じがした。丁寧にドッラカーのことが書かれていて、非常に参考になった。さらに、松下幸之助についても学べるので、お得だ。

興味深いのは、ドラッカーの日本人論、日本的経営論についてのコメントだ。私も、光文社新書でドラッカーについて書く予定であるが、ぜひ参考にさせてもらおうと思う。

関心のある人はぜひご参加ください。

慶應MCC夕学プレミアム『agora』(アゴラ)

http://www.sekigaku-agora.net/

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_kensyu2010.html

« 計量的な研究への疑問 | トップページ | 野中先生の著『流れを経営する』 »

●ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡邊著『ドラッカーと松下幸之助』:

« 計量的な研究への疑問 | トップページ | 野中先生の著『流れを経営する』 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31