慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ドラッカーとカントに学ぶ「実践」という言葉の意味 | トップページ | 圧倒的才能に乾杯!ーエディット・ピアフ »

2010年8月28日 (土)

「行為」と「行動」の違い

普段何気なく、われわれは「行動」と「行為」という言葉を使っている。まったく区別していない人もいる。

しかし、昔、ドイツ語の論文を翻訳しているとき、「行動」と「行為」は区別されて使用されているように思えた。つまり、カント的な二元論的な人間に関連しているようだ。あるいは、ヴェーバー的にいえば、「目的合理的」行動と「価値合理的」行為に対応しているのかもしれない。

「行動」=刺激反応行動、因果法則に従う行動、動物的行動、機械的行動

「行為」=自由意志にもとづく行為、自らはじめる行為、自意識的な行為、人間的行為

また、ここまでこだわる必要はないかもしれない。

« ドラッカーとカントに学ぶ「実践」という言葉の意味 | トップページ | 圧倒的才能に乾杯!ーエディット・ピアフ »

11)ポパーとカントの哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「行為」と「行動」の違い:

« ドラッカーとカントに学ぶ「実践」という言葉の意味 | トップページ | 圧倒的才能に乾杯!ーエディット・ピアフ »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31